信頼を得るために

何事も将来性のある仕事に就くことが、安心感もありますし自信にも繋がります。
看護師という職業を選ぶ人の多くは、看護師の仕事への将来性や、安定性、そして社会への貢献度の高さなどから希望される人が多いように思います。
昔は看護師の仕事とは病院の中での仕事だというイメージが強かったのですが、医療の専門分担が進み、採血だけをする採血ルームでの勤務や、健康診断のみを対応する施設もあり、そこでも看護師は活躍しています。
専門学校時代に看護学について教育を受けながら、自分に出来そうな看護師の仕事を見つけ出し、早い時期に方向性を定めておくと何かと動きやすくなります。
学校では技術や心構えのようなことも教わりますが、実習などを通して自分に出来る仕事と苦手な仕事を見極めることにも役立ちます。
同じ学友が違う方向を目指していても、それは個人の問題なのでお互いに認め合うことも大切です。
教育の中で「人間の尊重」について学びますが、まさにその通りで自分の価値観と違うからと否定したり排除するのではなく、受け入れる強さが必要になります。
この許容量をよく「器」と表現します。「器が大きい」と言われる人は、他人に対して寛容であること、少々のことで揺らぐことがない人のことを言います。
看護師に求められるのはこの「器」の大きさなのです。様々な患者に遭遇しますが、細かいことにいちいち心を荒げることなく、その人の個性だと受け入れることでその後の治療法や、検査などがスムーズに進むことが多々あります。
人は自分を認めて貰えると、信頼を感じるものです。この信頼を得る時間をいかに短時間にするかは看護師の技量によるものではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です